講習会・セミナー

「算定基礎届等事務講習会」

各種届書の様式変更やマイナンバーの利用についてご説明します。

3月からマイナンバーの利用が開始され、それに伴って使用する各種届書の様式が全てA4縦型に変更になりました。

マイナンバー利用と様式変更に伴う新しい届書の取扱い方法やご注意いただくこと、社会保険事務の基本である資格関係事務や保険料源泉控除事務等について、最新情報とともに大切なポイントをご説明いたします。

「算定基礎届」は、毎年4~6月の3ヶ月間に支払った被保険者全員の報酬額を7月10日までにご報告いただき、9月分から1年間使用する「標準報酬月額」を決定する重要な届書の一つです。決定された「標準報酬月額」により保険料が決まるとともに、傷病手当金等の支給額を計算するとき、将来、年金の受給額を計算するときにも使用される大切なものです。

この「算定基礎届」と「総括表」及び「月額変更届」等の様式も全て一新されましたので、新様式での書き方やご注意点の説明と、様々な事例を取り上げながら記入・作成についてご説明いたします。

Page Top