講習会・セミナー

「算定基礎届事業並びに初任者事務講習会」

平成29年度 春の講習会の日程は全て終了いたしました。

算定基礎届および社会保険事務の基礎を研修します。

「算定基礎届(定時決定)」は、被保険者全員の4~6月の3ヶ月の間に支払った総報酬額をご報告いただく届書です。この「算定基礎届」に基づいて、9月分から1年間使用する「標準報酬月額」が決定されますので、資格関係の届書とともに、社会保険事務の基本となるもっとも重要な届書の一つです。

決定された「標準報酬月額」は、保険料の基礎となるばかりではなく、病気やけがで休んだ時の傷病手当金等の支給総額計算の基になりますし、将来需給する年金額を計算するときの基になる大切なものです。

講習会では「算定基礎届」の作成方法を事例ごとに解説しますとともに、資格関係の届書のことや保険料の源泉控除方法等、社会保険事務の基本的なことについてご説明いたします。

平成29年度 秋の講習会を計画しています。
平成29年10月~11月に開催を予定しており、9月18日に公開予定です。

Page Top